よくある相談事例 誰かが私を陥れようとしている メインビジュアル よくある相談事例 誰かが私を陥れようとしている メインビジュアル

プライバシーを
覗かれている…

Aさん 30代 女性

誰かが私を陥れようとしている

よくある相談事例 誰かが私を陥れようとしている 漫画
よくある相談事例 誰かが私を陥れようとしている 漫画

誰かがなりすましている?

Aさんから最初に相談を受けたときは「単なる勘違いじゃない?」と思いました。なぜならば、次のような詐欺メールを勘違いしてしまう人も多くいるからです。

『あなたのデバイスをハッキングしました。』『情報を拡散されたくなければ金を払え。』A さんは、このような詐欺メールとかフイッシングメールを真に受けているだけではないか?と思ったのです。

しかし実際のメールを確認してみたところ、どうやら詐欺メールなどではなさそう。何者かがA さんに“なりすまし” をして、勝手に風俗求人や出会い系サイトに投稿しているようで、その投稿時の自動返信メールがA さんに届いているという状況のようでした。

なりすまし応募イメージ

元旦那のいたずら?

A さんの生年月日や身長体重血液型などを知っているのは、両親と姉、離婚した元旦那しか思い当たらないそうで。両親と姉がこんなことをする訳がなく、消去法で考えると元旦那のいたずらかもしれない、とA さんは考えました。しかし元旦那とは現在も険悪な関係などではなく、こんな陰湿なことをする性格の人でもなく…。Aさんは念の為確認しようと元旦那に電話をして、本件は伏せたままで探りを入れてみたのですが、怪しさは全くなく、元旦那の仕業とはとても思えないとのことでした。

謎のiPad

風俗求人や出会い系サイトの運営者に対して任意の情報提供を請求したところ、どの運営者も快く応じてくれて、求人応募等の時点で記録されたアクセスログ等のデータの提供を得られました。そしてそれらのログを確認したところ、A さんが所有していない“iPad” や、使用していないアプリを用いて、風俗求人等にメッセージが送信されていたことがわかりました。これにより、Aさん以外の何者かが勝手に応募等をしているとの疑いが強まりました。

さて、そうするとiPad を所有している人が怪しいので、A さんは「誰がiPad を持ってたかな?」と記憶を辿ったところ、元旦那が思い当たりました。離婚する前から元旦那は日常的にiPad を使用していたそうです

そこでA さんは元旦那に連絡を取り、状況を詳しく説明した上で、「率直に言ってアナタの仕業かもしれないと疑っている」と伝えたそう。元旦那は驚き困惑していたが、怪しい態度は一切無く、A さんを心配する様子もあり、弁護士や調査会社へ依頼することについても肯定的、というか自分が疑われるのは堪らないからサッサと解決して欲しいと、迷惑そうな様子だったそうで。やはり元旦那が犯人だとは思えないとのことでした。

弁護士に相談

この時点でA さんは弁護士に相談しました。何者かがA さんの名をかたって不快なWeb サイトに投稿等をする行為が、“名誉毀損” などに当たるかもしれないと考え、その線から解決の緒を見つけられないかと…。しかし残念なことに、名誉毀損の成立要件である「不特定多数の人への伝達」という事実が存在しないため、その線からは対応不可という答えでした。

新たな事案が発生

そうこうしているうちに今度は、「A さんのメールアドレスから、勝手にメールが送信される」という事案が発生。A さんの知人に対して、いかがわしい内容のメールが送られたり、A さんのプライバシーを暴露する内容のメールが送られたりなど…。それらのメールデータをA さんの知人から提供してもらい、データを分析したところ、間違いなくA さんのアカウントから送信されたことが判明。つまり何らかの形でメールアカウントが不正使用されているのは間違いなさそうなので、それに関連する端末やサーバの調査を実施しました。

なりすましメール送信イメージ

調査結果

①メールサーバに対するID・パスワード盗用の不正アクセスを確認②攻撃の発信元はA さんの職場であることが判明。さらに連休中などA さんが職場に不在の時にも、職場からの不正アクセスが起こっていたことが判明。

そして弁護士介入

A さんと弁護士と当社の三者で打ち合わせをした上で、弁護士の指示の下で裁判所提出用の資料等を用意し、弁護士へ本件をバトンタッチして当社の仕事は完了しました。

相談見積り無料・全国対応・緊急対応

CASE
よくある相談事例

ARTICLE
記事一覧

相談見積り無料・全国対応・緊急対応

page top